鹿児島県鹿児島市の賃貸

鹿児島県の県庁所在地である鹿児島市は九州の南部に位置しています。

市街地からは有名な桜島の眺望が美しくその景観がイタリアのナポリから望むヴェスーヴィス火山と風景が類似していることから「東洋のナポリ」と称されています。

その景観を守るため鹿児島市では景観条例を施行。地域性と独自性を活かした景観を保つため計画実施を展開しています。

地域の景観を守るためには各家庭ごとのゴミの捨て方も美しい景観を守る取り組みの一つです。

鹿児島市の家庭ごみの分け方や出し方は「燃やせるゴミ」「燃やせないゴミ」※ゴミとして出せるか出す前にチェックを心がけましょう。

「燃やせるゴミ」は透明のビニール袋に入れてください。

生ごみはよく水切りをして、食用油は布や紙にしみ込ませるか、凝固剤で固めて出してください。または平成21年5月より鹿児島環境未来館で食用油の回収を行っています。

「燃やせないゴミ」については刃物、ガラス、鏡などは厚紙などでつつみ“きけん"と書いて出す、灰などのもえがらは十分に水を含ませて火の気がなくなったことを確認して出すようにしてください。

資源ごみは古紙・衣類が対象となります。資源物は缶、びん/ペットボトル、プラスチック容器類、電球、蛍光灯、乾電池/スプレー缶類となります。

市で収集できないゴミは「引越しで出た際のゴミ」や「事業所ゴミ」などで、市の施設では受けいれません。

また、粗大ゴミは受付時に指定された料金の「粗大ごみ処分手数料」(シール)を購入し収集する品物に貼り付けてください。

「粗大ごみ処分手数料」は平均的な重さから換算し350円と700円の2種類になります。市の収集車が指定の場所まで回収にきます。(立会い不可)

なお、ご自身で品物を持ち込まれる場合は100KG以下は無料となります。100kgを超えるものについては10kgにつき70円のごみ手数料が必要となります。(立会い必要)